北欧生まれのライフスタイル
「ヒュッゲ」な暮らしとは

北欧デンマークで古くから大切にされてきた「心地よさ」の概念である「Hygge(ヒュッゲ)」。
近年、欧米でもマインドフルネスやウェルネスにおける
新しいスタイルとして認識され、大きな話題を呼んでいます。
英国では、2016年を代表する言葉として、「トランプ主義」「ブレグジット(イギリスのEU離脱)」
などと一緒に「ヒュッゲ」がランクインされたそうです。
ヒュッゲが話題となる背景として、「物質文明」「消費社会」の対極にある、
「ものを大事にする」「何気ないところでのささやかな喜び」「人間的な温もり」等への
自然な人間の欲求が、現代人の疲労感の表れとして出てきているのかもしれません。

北欧デンマークで古くから大切にされてきた
「心地よさ」の概念である「Hygge(ヒュッゲ)」。
近年、欧米でもマインドフルネスや
ウェルネスにおける 新しいスタイルとして認識され、
大きな話題を呼んでいます。
英国では、2016年を代表する言葉として、
「トランプ主義」
「ブレグジット(イギリスのEU離脱)」などと
一緒に「ヒュッゲ」がランクインされたそうです。
ヒュッゲが話題となる背景として、
「物質文明」「消費社会」の対極にある、
「ものを大事にする」
「何気ないところでのささやかな喜び」
「人間的な温もり」等への自然な人間の欲求が、
現代人の疲労感の表れとして
出てきているのかもしれません。

「ヒュッゲ」とは

デンマーク語の「Hygge(ヒュッゲ)」については、以下の書籍でこのように紹介されています。

“物理的な居心地のよさを軸としながら、そこには「精神的な幸福感」や
「周りとの一体感」も含まれます。自分自身、そして周りの人たちとの親密さ、
つながり、あたたかさを丁寧につくっていく。そのアプローチ全体が、
デンマーク流の「心地いい」暮らし方なのです。”

“物理的な居心地のよさを軸としながら、そこには「精神的な幸福感」や「周りとの一体感」も含まれます。自分自身、そして周りの人たちとの親密さ、つながり、あたたかさを丁寧につくっていく。そのアプローチ全体が、デンマーク流の「心地いい」暮らし方なのです。”

引用:『Hygge(ヒュッゲ) 北欧生まれの「世界一幸せなライフスタイル」実践法』p22
(ピア・エドバーグ著、永峯 涼訳、サンマーク出版)

自分が居心地が良いと感じる空間で、自分だけの時間をゆったりと楽しんだり、
大切な人と親密な時間を共有し、つながりやあたたかさを感じることで、
心が満たされ、リラックスした時間を過ごすことができるようです。

自分が居心地が良いと感じる空間で、自分だけの時間をゆったりと楽しんだり、大切な人と親密な時間を共有し、つながりやあたたかさを感じることで、心が満たされ、リラックスした時間を過ごすことができるようです。

「ヒュッゲ」は日本の侘び寂びに通じる

「ヒュッゲ」は日本の
侘び寂びに通じる

ヒュッゲのライフスタイルは、日本人が古来大事にしてきた、ささやかなものを慈しむ感情や、
何気無い変化に永遠を感じるような感受性、茶道での「侘び寂び」といった
世界観に通じるような気がします。
北欧3ヶ国(デンマーク・ノルウエー・スエーデン)は、幸福度合いが高い国とされています。
私たち日本人にとっても、ヒュッゲに表されるライフスタイルは、とても身近な文化なのかもしません。

ヒュッゲのライフスタイルは、日本人が古来大事にしてきた、ささやかなものを慈しむ感情や、何気無い変化に永遠を感じるような感受性、茶道での「侘び寂び」といった世界観に通じるような気がします。北欧3ヶ国(デンマーク・ノルウエー・スエーデン)は、幸福度合いが高い国とされています。私たち日本人にとっても、ヒュッゲに表されるライフスタイルは、とても身近な文化なのかもしません。

「ヒュッゲ」な暮らしを取り入れるヒント

「ヒュッゲ」な暮らしを
取り入れるヒント

1.居心地の良い空間

家の中でくつろぐお気に入りの場所に、好きな花や写真を飾ったり、部屋の明かりを温かな色の間接照明に変えたりすることで、手軽にリラックスできる空間を作ることができます。自分や大切な人が自然体でいられる居心地の良い空間で、ゆったり過ごす時間を作りましょう。

2. シンプル・簡単に

心地いい暮らしの基本は、手間や時間をかけずに、毎日の暮らしの何気ないモノ・コトを愛で、自分自身や大切な人との時間や絆を大切にすることです。こうしたシンプルで心地の良い時間の過ごし方を取り入れることで、自分自身の心に余裕ができ、大切な人とも温かな関係を築くことができると思います。

3.スローダウン・ゆったりとした空気感

現代は情報が絶え間なく押し寄せるので、一息ついて緊張を緩めたり、スローダウンすることを忘れてしまいがちです。そうした世間の喧騒から少し離れ、温かな照明の静かな空間で読書をしたり、大切な人との語らいのひと時を過ごしてみましょう。そんなゆったりと時間が流れる空間作りが、ヒュッゲの心地いい暮らしに繋がると思います。

KKテクノロジーズがお届けする「ヒュッゲな照明」

KKテクノロジーズがお届けする
「ヒュッゲな照明」

心地いい暮らしを実現するライフスタイル「ヒュッゲ」。
そのスタイルを暮らしに取り入れる際、部屋の明かり(照明)を変えることで、
手軽にリラックスできる空間を演出することができるのでおすすめです。
時には、部屋全体を照らすシーリングライトを消してキャンドルを灯して過ごしてみる。
それだけでも、同じ部屋とは思えないくらいの安らぎが得られるかもしれません。

キャンドルなどの火の色は、人間の副交感神経に作用して
リラックス効果が得られると言われています。
けれども、電気製品を使う生活に慣れた私たちにとって、
都度キャンドルを準備して火を灯すのは、
手間がかかり、火事の危険も伴います。

そこで、KKテクノロジーズがおすすめするLED電球「タフらいと灯(ともしび)」。
LED電球ながらも、暖色系の光で、火の色と同じ優しい明かりが灯ります。
自社で開発された特殊なLEDは、ブルーライトもほぼ含まれず、ちらつきもない、
まさに「ヒュッゲな照明」に最適な電球です。

心地いい暮らしを実現するライフスタイル「ヒュッゲ」。そのスタイルを暮らしに取り入れる際、部屋の明かり(照明)を変えることで、手軽にリラックスできる空間を演出することができるのでおすすめです。時には、部屋全体を照らすシーリングライトを消してキャンドルを灯して過ごしてみる。それだけでも、同じ部屋とは思えないくらいの安らぎが得られるかもしれません。

キャンドルなどの火の色は、人間の副交感神経に作用してリラックス効果が得られると言われています。けれども、電気製品を使う生活に慣れた私たちにとって、都度キャンドルを準備して火を灯すのは、手間がかかり、火事の危険も伴います。

そこで、KKテクノロジーズがおすすめするLED電球「タフらいと灯(ともしび)」。LED電球ながらも、暖色系の光で、火の色と同じ優しい明かりが灯ります。自社で開発された特殊なLEDは、ブルーライトもほぼ含まれず、ちらつきもない、まさに「ヒュッゲな照明」に最適な電球です。

火の色と全く同じ色を実現した、
唯一無二のLED電球
タフらいと「灯-ともしび-」でヒュッゲな暮らしと
リラックス空間を手に入れてください。

火の色と全く同じ色を実現した、
唯一無二のLED電球
タフらいと「灯-ともしび-」で
ヒュッゲな暮らしと
リラックス空間を手に入れてください。

デンマーク在住経験の照明コンサルタント「Nordisk Lys」代表千葉 亜由美様からの寄稿

火の色電球は、ヒュッゲの要素を持ち合わせる初めてのLED電球です

私がデンマークの照明メーカーで働きたいという思いからデンマークに渡ったのは2014年のことでした。
今でこそ多くのメディアで「Hygge/ヒュッゲ」が取り上げられていますが、当時は全くと言っていいほど 日本で耳にすることはなかったと思います。

デンマークでの暮らしが始まったばかりの頃、友人たちに尋ねたことがありました。
「ヒュッゲ」を英語にすると何?と。

彼らは少し悩みながら「Coziness(快適)」や「Comfort(心地よいこと)」などの単語をあげてくれましたが、 決まって付け加えるのは、「ヒュッゲはヒュッゲだから別の言語に訳すことはできないんだけどね。」ということ。

そう語る彼らから、「ヒュッゲ」というワードにデンマーク人としての誇りを持っているように感じたことをよく覚えています。

約2年間を過ごしたデンマークで感じたヒュッゲな時間。いつもそこには火の存在があったと思います。

誰かと過ごすヒュッゲ、ひとりのヒュッゲ、様々なシチュエーションがありますが、多くの場合、 部屋にはキャンドルが灯されていたし、焚き火を囲んでパイナップルやマシュマロを焼いた時間に、 友人たちとあぁヒュッゲだねと言い合ったこともありました。

初めて火の色電球を拝見した際に思い出したのは、ヒュッゲな時間の中にあった、キャンドルの灯り、 友人と囲んだ焚火の炎、そしてもう一つ、沈む直前の太陽の輝きでした。

太陽の光を愛するデンマーク人にとって、火と並んで太陽光もヒュッゲに通じる要素の一つです。

「火の色」と「陽の色」両方を感じた火の色電球は、ヒュッゲの要素2つを持ち合わせる初めてのLED電球だと思います。

ヒュッゲが世界的に注目されるようになった今、火と同じ色のLED電球は日本のみならず、世界からも注目されるのではないかと期待しています。

  • 寄稿者:千葉亜由美
  • 北欧、特にデンマークのデザインに惚れ込み、2014年に単独でデンマークに渡り約2年間を過ごす。 デンマークのフォルケホイスコーレへの留学を経て、現地インテリアメーカーNordicTalesでインターンとして勤務。帰国後、NordicTalesの輸入代理店として事業を開始し、商品とそのコンセプトを日本に広げるための活動中。
  • NordiskLys代表
  • 千葉亜由美(AyumiChiba)
  • HP:http://www.nordisklys.jp